読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猪瀬とナベサダ

明治末期、外国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風のファッション、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介し、これらを新たに表現する単語として、美容がけわいに取って代わって使用され始めた。

美白用の化粧品であることを正式にアピールするには、まず薬事法を取り仕切っている厚労省の認可が下りた美白に効果のある成分(よく扱われるのはアルブチン、コウジ酸など)を使っている必要があるらしいのです。

本来、健やかな皮膚のターンオーバーは4週間周期になっていて、いつも新しい細胞が誕生し、1年365日剥がれているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保持しています。

無意識の内にパソコンの画面に釘付けになってしまい、眉間に縦じわを作り、なおかつ口角の下がったへの字ぐち(余談ですが私は「富士山口」と呼ぶこともあります)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

寝る時間が不足すると皮膚にはどういったダメージを与えるかご存知でしょうか?その代表が皮膚のターンオーバーの遅延。健康なら28日毎にある肌の入れ替わるスピードが遅れてしまうのです。



日焼けして出来たシミをなんとか薄くしようとするよりも、作られないように事前に防護したり、肌の奥に潜むシミの種を防ぐ方が大事ってご存知でしょうか。

そんな状況で医者がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体。外用抗菌薬も併せて使用すると6ヶ月前後でほぼ完治に至る患者が多いのだ。

その上に日々の暮らしのストレスで、メンタルな部分にも毒は山のごとく蓄積していき、同時に身体の不具合も起こす。この「心身ともに毒だらけ」という不安こそが、人々をデトックスへと駆り立てる。

乳首黒ずみ
老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が集積することによりどんどん悪化します。リンパ液が悪くなると色々な老廃物が蓄積し、むくみが発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるみに繋がります。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の症状と関わっているものの内、特に皮膚の継続的な炎症(湿疹等)がみられるものでこれも過敏症の一種なのである。



ほっぺたや顔のたるみは老けて見える主因。皮ふの張りや表情筋と呼ばれる筋肉の老化がたるみへと繋がりますが、それに加えて毎日の何気ない癖も原因になるのです。

ドライスキンの素因の一つであるセラミドと皮脂の量の減少は、アトピー性皮膚炎などの遺伝に縁るものと、逃れようのないエイジングや洗浄料などによる後天性の要素にちなんだものが存在します。

整形外科とは違い美容外科が欠損などのない健康な体に外科的な施術を付加するという容貌重視の行為であることを鑑みても、リスク管理や安全性の確立が疎かだったことが一つの大きな原因だと考えられている。

ここ日本の美容外科の来歴において、美容外科が「しごく真っ当な医療行為」との評価と地位を手に入れるまでには、案外長い年月を要した。

浮腫む原因は人それぞれですが、気温など気候の悪影響も少なからずあるって聞いたことはありませんか。気温が上昇して大量の水を飲み、汗をかく、この季節に浮腫みになる原因が潜んでいます。