読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウノトリだけど草野

プレシュスタジオ写真

浮腫む原因はたくさん考えられますが、気候の悪影響もあることをご存知でしょうか。気温が上がってたくさんの水分を摂り、汗をかく、この季節にこそ浮腫みになる原因があるのです

さらに毎日のストレスで、心にも毒素はどんどん蓄積してしまい、同時に体調不良も誘発する。こうした「心身ともに毒まみれ」という意識こそが、苛まれた現代人をデトックスに駆り立てている。

デトックス」法には危険性や問題点は無いのだろうか。そもそも身体の中に溜まるとされている毒物とは一体どんな性質のもので、その毒とやらは果たして「デトックス」で体外へ流せるのだろうか?

健康な人間にもみられる浮腫だが、これはごくごく自然なこと。ことに女性は、脚の脹脛の浮腫を嫌がるが、二足歩行の人間であれば、下半身がむくんでしまうのはいたって正常な状態なので神経質にならなくてもよい。

肌の新陳代謝が乱れがちになると、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現します。シワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインがぼやけるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないほど大変です。



老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは老廃物や余分な脂肪が蓄積することにより悪化します。リンパ液の流通が鈍くなると老廃物が溜まり、浮腫みが生じたり、脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。

ピーリングとは何かというと、役目を終えた不要な表皮をピール(peel:剥くの意味)した結果、まだ若くてダメージのない皮膚(角質層)に入れ替え、新陳代謝を促す人気の美容法なのです。

あなたは、果たしてご自分の内臓は何の問題もないと言い切れる自信がおありですか?“全然やせない”“肌が荒れてしまう”などの美容のお悩みにも、実のところ内臓の状況が深く関係しています!

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときにしっかり落とさなければいけないと強くクレンジングするのが習慣になってしまうと目の周りの肌が傷ついたり炎症を起こしたりして色素沈着へとつながり、目の下の茶色い隈の原因となるのです。

男女問わず浸透してきた頭皮ケアは別名スカルプケアとも称されています。スカルプは髪の問題の代表である抜け毛や薄毛に密に関わっていると同時に、フェイスラインの弛みなどにも影響を及ぼしているのです。



日本人が「デトックス」に興味を抱く理由の一つとして挙げられるのは、日本人が暮らしている環境の悪化だ。空気や土壌は化学物質で汚染され、コメや果物などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がたっぷりかけられていると実しやかに囁かれている。

爪の生産される様子はまるで樹木の年輪のように刻まれる存在であることから、その時の体調が爪に反映されることがよくあり、毛髪と共通するように視界に入って分かりやすいため健康のバロメーターとも呼ばれるのだ。

現代社会を生きていくということで、身体の内部には人体に良くない影響を与えるケミカルな物質が蓄えられ、そして己の体の中でも老化を促進するフリーラジカルなどが次々と生成されていると喧伝されているらしい。

美容雑誌においてさもリンパの滞りの代表であるかのように表現される「浮腫」には2つに大別すると、身体のどこかに病気が隠れているむくみと、特に健康面で問題のない人でも現れる浮腫があるらしい。

美白という考え方は95年から99年頃にかけて美容研究家で料理研究家の鈴木その子が必要性を説いてブームになったが、もっと昔からメラニンの沈着が原因の様々な皮ふトラブル対策のタームとして活用されていたようだ。